IBM Cloud Platform Application Development v2 developerWorksでハマったところ その2

Part3 Lab11

Working with the Delivery Pipeline

 

デプロイした際に下記のエラーが発生:
FAILED
Domain simple-toolchain-20170819092328749-nonchronical-underply.mybluemix.net not found

FAILED App simple-toolchain-20170819092328749-OLD-1503194511 not found

Finished: FAILED

原因:
デプロイ時のスクリプトにて、デフォルトのスクリプトに cf map-route xxxxx を追加すると上記のエラーになる。 チュートリアルに則り、デフォルトのスクリプトで不要な処理を削除すると正常完了できる f:id:qamqame:20170820112532p:plain

GitHubとの接続でパスワードが聞かれる

 

sshでIDファイルを作成する際に、デフォルト以外で作成すると、gitでCloneする際などにパスワードを聞かれる。 その場合は、.ssh配下にconfigファイルを作成してそのファイルにIDファイルへのパスを記載しておく

作成するファイル: ~/.ssh/config

Host github github.com
  HostName github.com
  IdentityFile ~/.ssh/id_git_rsa #ここに自分の鍵のファイル名
  User git

確認方法:このコマンドでWelcome XXXと返ってくればOK

$ ssh -T git@github.com

IBM Cloud Platform Application Development v2 developerWorksでハマったところ その1

Labをやっていて躓いたところ

Part3 Lab8 Create the application by using a toolchain

Step16 にてデプロイ時に以下のエラーメッセージが表示されてデプロイできない

 

FAILED

Could not find service sample-nodejs-cloudant-cloudantNoSQLDB to bind to simple-toolchain-20170819092328749

 

原因と対応:

sample-nodejs-cloudant-cloudantNoSQLDBが存在しないため、エラーとなる。従って以下のどちらかの方法でサービスを追加する。

①Deployのスクリプトに以下を追加する

f:id:qamqame:20170820103141p:plain

 

②事前にマニュアルでサービスを追加しておく

1.作業中のダッシュボードにCloudantのサービスを作成する。

※名称はsample-nodejs-cloudant-cloudantNoSQLDBだと名称が長すぎるかエラーが解決しなかった。

2.manifest.ymlをWebIDEでCloudantのサービス名を変更する

3.Gitにpush

以上の手順で正常にデプロイが完了。

JPAにてデフォルト値をセットする

レコード挿入時にTimestampをCurrent Timestampをセットしたい場合

 

@Column(name = "register_ts", nullable = false, updatable = false, insertable = false, columnDefinition = "TIMESTAMP DEFAULT CURRENT_TIMESTAMP")

  private Timestamp register_ts;

 

 public void setRegister_ts() {    
       this.register_ts = (Timestamp) new Date();    
 }

 

 

androidエミュレータでローカルのサーバーに接続する際の注意点

androidエミュレータlocalhostエミュレータ自身にアクセスしてしまう。

10.0.2.2がlocalhost相当に割り当てられるようになっている。

BluemixでDeploy時(ステージング)のエラー:Server error, status code: 400, error code: 100001

BluemixでDeploy時に以下のエラーが出力された。

 

Server error, status code: 400, error code: 100001, message: The app is invalid: buildpack liberty-for-java_v3.11-20170710-0312 is not valid public url or a known buildpack name


 

原因:

ビルドパックのバージョンが異なっている

 

対応:

以下のコマンドを実行し、ビルドパックのバージョンを確認し、ビルドコマンドを修正する

cf buildpacks

 

例:

cf buildpacks

Preparing to start the job...
Preparing the build artifacts...
Target: https://api.ng.bluemix.net
Getting buildpacks...

buildpack                              position   enabled   locked   filename
liberty-for-java                       1          true      false    buildpack_liberty-for-java_v3.11-20170710-0312.zip
sdk-for-nodejs                         2          true      false    buildpack_sdk-for-nodejs_v3.13-20170725-1347.zip
dotnet-core                            3          true      false    buildpack_dotnet-core_v1.0.22-20170724-0813.zip
swift_buildpack                        4          true      false    buildpack_swift_v2.0.7-20170717-2032.zip
noop-buildpack                         5          true      false    noop-buildpack-20140311-1519.zip
java_buildpack                         6          true      false    java-buildpack-v3.13.zip
ruby_buildpack                         7          true      false    ruby_buildpack-cached-v1.6.34.zip
nodejs_buildpack                       8          true      false    nodejs_buildpack-cached-v1.5.29.zip
go_buildpack                           9          true      false    go_buildpack-cached-v1.7.18.zip
python_buildpack                       10         true      false    python_buildpack-cached-v1.5.15.zip
xpages_buildpack                       11         true      false    xpages_buildpack_v1.2.2-20170112-1328.zip
php_buildpack                          12         true      false    php_buildpack-cached-v4.3.27.zip
staticfile_buildpack                   13         true      false    staticfile_buildpack-cached-v1.3.17.zip
binary_buildpack                       14         true      false    binary_buildpack-cached-v1.0.9.zip
liberty-for-java_v3_9-20170419-1403    15         true      false    buildpack_liberty-for-java_v3.9-20170419-1403.zip
liberty-for-java_v3_10-20170525-1107   16         true      false    buildpack_liberty-for-java_v3.10-20170525-1107.zip
swift_buildpack_v2_0_6-20170504-0403   17         true      false    buildpack_swift_v2.0.6-20170504-0403.zip
sdk-for-nodejs_v3_12-20170505-0656     18         true      false    buildpack_sdk-for-nodejs_v3.12-20170505-0656.zip
dotnet-core_v1_0_20-20170620-1449      19         true      false    buildpack_dotnet-core_v1.0.20-20170620-1449.zip

上記よりlibertyのビルドパックは "liberty-for-java_v3_10-20170525-1107" と確認し、デプロイのコマンド引数に指定する。

例:
cf push "${CF_APP}" -t 180 -b liberty-for-java_v3_10-20170525-1107 -p XYZ.war

参考URL:

Cloud Foundry にアプリケーションを push する際の典型的な10のエラー

Atomエディタの設定

JavaScript、TypeScriptをAtomエディタで開発するための初期設定メモ

 

1.Atomプラグイン各種をインストールするために、apmをインストールする

qiita.com

 

Atomエディタでapm経由で以下のプラグインをインストールする

2-1. vim-mode-plus を使えるようにする

apm install vim-mode-plus

 

2-2. .Terminalを使えるようにする

apm install LarsKumbier/terminal-plus

 

2-3. TypeScriptのプラグインインストールする

apm install atom-typescript

 

3. JavaScriptを実行出来るようにScriptをインストールする

loumo.jp※上記の記事に記載されている通り、Cmd+iで開いているJSファイルが実行される